設立趣旨

 善意の献血血液を、安心・安全な形で患者さんへお届けすること。これが、いつの時代も変わらない血液事業に携わる者の使命です。私たちは、血漿分画製剤の安全性と信頼性を高めることを最優先とし、献血血液による国内自給の達成と安定供給を目指し、2012年(平成24年)6月1日に発足、同年10月1日から事業を開始いたしました。血液は商業的に売買されるべきではないという基本的考え方に基づき、営利を目的としない一般社団法人として新たな血漿分画事業の歴史を切り拓きます。また、善意の献血からつくられる血液製剤を扱う者として、一人ひとりが高い倫理観と使命感を持ち、国民の皆さまの健康を守る企業を目指します。